header_orni2.jpg

タグ「オルニチン」の一覧

リメイクオルニチンのほかにもオルニチンを含んだ商品が話題ですね。
 
オルニチンは疲労回復に効く。
オルニチンは肝臓によい。」
 

という知識も広まってきたように思います。
 
 


オルニチンはシジミにたくさん含まれるアミノ酸の一種です。
 
オルニチンは肝臓で有毒物質であるアンモニアを尿素に分解する「オルニチンサイクル」に重要な役割を果たします。
体の中のオルニチンを増やせばオルニチンサイクルが活性化するので肝機能改善と疲労回復に大きな効果が期待できるのです。

注文は安心の協和発酵バイオ公式通販で
Remake
》 》 いますぐ試して寝起きすーっきり軽く!!

オルニチンサプリメントで摂りすぎるとなにかデメリットや副作用はあるでしょうか?

協和発酵バイオからの説明です。

オルニチンはもともとカラダの中にある成分で、シジミ、キノコなどの成分として昔から人間が摂取してきました。
サプリメントとしての販売歴も長いです。
もちろん各種安全性の試験が行われてきており、安全性を示すデータは豊富です。


【反復投与試験】実験動物に一定期間くりかえし投与し、長期間の摂取の影響を調べる

【急性毒性試験】誤って大量に摂取してしまった場合を想定し、実験動物に高用量を投与する実験

【染色体異常試験と変異原性試験】細菌や細胞を使って、遺伝子や染色体への影響があるか調べる実験

【過剰摂取試験】人間(ボランティアの方)に3〜5倍量の過剰摂取を一定期間してもらい、影響を調べる実験。

どの試験でも問題はありませんでした。

安心して飲み続けていただけます。

注文は安心の協和発酵バイオ公式通販で
Remake
》 》 いますぐ試して寝起きすーっきり軽く!!

オルニチンオルニチンはアルギニンの分解によって生成する尿素回路を構成するアミノ酸のひとつ。

C5H12N2O2。

アルギニンと水との反応によって尿素と共に生成し、カルバモイルリン酸との反応でシトルリンとリン酸になる。
また、クレアチン経路を構成する物質であり、グリシンとアルギニンの反応でもグアニジン酢酸とともに生成する。
このようにアルギニンの代謝で重要な役割を果たす物質である。
その他の代謝としては、オルニチンはオルニチンデカルボキシラーゼの働きによってプトレシンとなる。

注文は安心の協和発酵バイオ公式通販で
Remake
》 》 いますぐ試して寝起きすーっきり軽く!!

このページの上部へ